サポート情報
@モバイルくん。カスタマーサポートセンターTEL
10:00~18:00(年末年始は除く)
メニュー(タップして開く)
  1. @モバイルくん。トップ
  2. キャリアについて(au、docomo)

キャリアについて(au、docomo)

キャリアについて(au、docomo)

大手キャリア(au、docomo)から乗り換えると本当にお得になるの?と思っている方は多いと思います。
乗り換えてお得になる方と大手キャリアのままの方が良い方がいるので、ご紹介していきます。

目次
■格安simに乗り換えると得をする人とは
 ‧通話時間が月に1時間以内の人
 ‧格安simとガラケーの2台持ちしたい人
 ‧通話もしないしWEBサイトもほとんど見ないという人
■大手キャリアのままの方がいい人
 ‧キャリアメールを使用する人
 ‧仕事でスマホをよく利用する人・通話が多い人
 ‧新しいスマホを安く手に入れたい人
■格安スマホに乗り換える時の注意点
 ‧音声通話プランには最低利用期間がある
 ‧エリアと速度は大手キャリアにはかなわない
格安simに乗り換えると得をする人とは

通話時間が月に1時間以内の人
通話料が少ない人は、お得になる可能性があります。
逆に通話時間が多い人は、格安simに乗り換えても料金が高くなってしまう可能性があります。

また、通話はほとんどしないけれど、ネットサーフィンをすることが多いという人も安くなる可能性があります。

ほとんどの格安simは20円/30秒かかります。
なので、大手キャリアのカケホーダイプラン(月額2700円)と比較すると損益分岐点は月に67分30秒以上通話するかどうかです。
ただし、これは通話料金に限っての話になります。
データ通信料金をプラスすると格安simの方が安くなる確率は高くなります。

また、最近では通話料金の安い格安simも出てきているのでチェックしてみるのもよいかもしれません。

格安simとガラケーの2台持ちしたい人
1台のスマホは、格安simのデータ通信用にして、もう1台はかけ放題プランのガラケーを使えば、ネットも通話もどちらも快適に使用できます。


通話もしないしWEBサイトもほとんど見ないという人

大手キャリアのままの方がいい人

キャリアメールを使用する人
音声通話の格安simは、電話番号をそのまま引き継ぐことができますが、@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp等のキャリアメールは使用することができません。

仕事でスマホをよく利用する人・通話が多い人
仕事で頻繁に通話する方やスマホを常に使う人は、やはりネット通信が安定している大手キャリアのままで良いと思います。

新しいスマホを安く手に入れたい人
~最新機種が出ると気になってしまうという方~
大手キャリアでは長期間継続している人に対して割引などの特典をつけてくれることがあります。
高価な最新機種を安価格で手に入れることができますが、2年縛りがありますので注意して下さい。

最近では、大企業も格安SIM事業に参入してきています。
そのため、各企業は価格やサービスで差別化を図ろうとしており、月額料金が半額近くになる場合もあります。
月額7000円近くかかっていた料金が3500円くらいになれば、1年で数万円もお得になる計算です。
大手キャリアから格安SIMに乗り換えると通信費はどれくらい安くなるのか、検証してみます。

ドコモ・auのスマホ料金プランは、基本料金+ネット接続料金+パケット通信料金が基本になります。
ドコモの場合、データ容量を家族でシェアできるプランもあります。

格安スマホに乗り換える時の注意点


・大手キャリアでは無料だった故障・修理代金が有料で高くつく
・電話サポートしかない
・キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)を利用している場合は、フリーメールアドレス(例:Gmailなど)を事前に用意する
などのデメリットもあるので、格安SIM各社のサポートやサービス内容をよく確認してみて下さい。

音声通話プランには最低利用期間がある
データ通信専用のSIMなら最低利用期間や違約金も発生しない場合が多いです。
しかし、音声通話プランは最低5ヶ月から12ヶ月の利用期間が設けられています。
料金等も各社で異なりますので、よく確認して下さい。

エリアと速度は大手キャリアにはかなわない
通信速度の速さにこだわる方は、大手キャリアの方が良いと思います。
格安SIMは、大手キャリアから電波帯域を間借りしているのでどうしても大手キャリアの通信速度より劣ってしまいます。
そこまで通信速度にはこだわらないという方は、格安SIMでも問題ないでしょう。